石見の雄「益田氏」

 益田氏は、平安後期の11世紀頃に藤原国兼が石見国司(県知事に相当)として現在の浜田市に赴任したことに始まります。4代兼高 が石見で最も広い平野があり、交通の要衝と港に適した益田に本拠を移し、益田氏を名乗るようになりました。兼高は源平争乱時に周囲が平氏を支援する中、源 頼朝の命を受けて壇ノ浦の戦いで手柄をたてるなど着々と力を蓄えました。益田氏は鎌倉時代初期には石見の約3分の1を治めるようになり、室町時代から戦国 時代にかけては、周辺の大勢力と巧みに結び、石見での地盤を強固なものにしていきます。源頼朝  11代兼見は山口の大内氏と結び、石見の豪族たちの指導的立場を確立しました。15代兼堯は応仁の乱(1467年)をはじめとし た数々の戦乱で多くの武勳をたてるなど、その一生は戦いの連続でしたが、文化への深い理解者でもありました。大内氏の保護下にあった雪舟が、兼堯の招きで 益田を訪れたのも、大内氏との関係によるものでした。雪舟作「益田兼堯像」(重要文化財・益田市蔵)は厚遇してくれた兼堯に対するお礼といわれています。

15代兼堯
益田兼堯
初代国兼
益田国兼
11代兼見
益田兼見
17代宗兼
益田宗兼
19代藤兼
益田藤兼

毛利氏と結ぶ

 大内氏の重臣陶氏と親類関係となった益田氏は、毛利氏や津和野の吉見氏など周辺勢力と対立しましたが、陶晴賢が毛利元就に敗れる と、19代藤兼は毛利軍の一翼として山陰攻略にあたっていた吉川元春を仲介者として毛利氏と和睦しました。

毛利元就

このとき、毛利氏一族に数々の贈り物をしたこと が益田家文書に残っています。この中には虎の皮など海外の品もあり、益田氏が大陸と交易していたことが当時の朝鮮の書物「海東諸国記」にも記されていま す。  七尾城本丸跡から望む平野と、七尾城から益田川を伝って続く三宅御土居跡、さらに日本海へ広がる景観は、まさに益田氏の海洋領主的性格を彷彿とさせま す。七尾城本丸跡  和睦した益田氏は毛利氏に重用され、20代元祥は元服の時に元就から「元」の一字をもらっています。そして石西はもとより出雲、長門、さらには九州まで 領地を獲得しました。領地も人命も大きく失うことなく戦乱の時代を生き延びた益田氏は、徳川家康から領地を保証するという打診を受けていましたが、慶長5 年(1600)の関ヶ原の戦いで敗れた毛利氏に従って、長門の須佐(現在の山口県)に去っていきました。元祥は永代家老として、財政難にあえぐ主家の財政 立て直しに優れた指導力を発揮しています。

益田地区の基礎を築く

七尾水源公園  現在の益田地区の成り立ちの基礎は、こうした益田氏治政下の約400年の間に、七尾城の城下町として築かれたことに始まっています。益田地区が中世の城下町のなごりを持つ、全国的にも特色のある町といわれる所以です。

 

ホーム > 益田氏
 
神楽年間行事 イベントカレンダー
英語サイト 観光ガイド友の会 レンタサイクル 萩石見空港 石見神楽ビデオ 名産はまぐり 名産メロン

活魚烏賊つくり

石見神楽

神楽めし

皆様のバナー広告をお待ちしています。