観光スポット

大元古墳群

大元古墳群

石見地方で最大級の古墳がある古墳群。
前方後円墳の1号墳、円墳の2号墳からなります。その中で1号墳は丘陵の尾根を利用して築造されており、全長86m、後円部の高さ7mで石見地方最大級です。
墳形や後円部から出土した埴輪の特徴から4世紀末〜5世紀初めに築かれたものと考えられます。三角縁神獣鏡が出土した四塚山古墳群に次いで築かれ、スクモ塚古墳(5世紀)、小丸山古墳(6世紀前半)へと続く首長墓のひとつと考えられます。

観光スポット案内

所在地

益田市遠田町1261-3

アクセス情報

車:益田駅より11分
バス:土田線「 上遠田」下車(18分)ー徒歩6分ー

駐車場

駐車場なし

トイレ

無し

アクセスマップ