観光スポット

四塚山古墳群

四塚山古墳群

石見最古の古墳。
地元では昔から4基の塚があったことが知られており、四塚山と呼ばれています。昭和47年に団地造成現場で、前期古墳を象徴する中国製の鏡・三角縁神獣鏡が発見されたことにより、古墳の存在がわかりました。
現在は開発により古墳の大半は残っておらず、古墳の内容を知ることはできませんが、三角縁神獣鏡が出土したことから、古墳時代前期(4世紀)につくられたと考えられます。
日本海まで一望できる丘陵の一角に位置する当地に、石見地方を代表する首長が存在していた可能性を示しています。 

観光スポット案内

所在地

益田市下本郷町四塚山

アクセス情報

車:益田駅より8分
バス:久城線など「雪舟記念館入り口 」下車(12分)ー徒歩7分ー

駐車場

駐車場なし

トイレ

無し

アクセスマップ