観光スポット

益田氏(中世-近世)

益田氏

平安後期11世紀頃に藤原国兼が石見国司として現在の浜田市に赴任したことに始まります。四代兼高が益田に本拠を移し、益田氏に... 続きを読む

七尾城跡

七尾城は、益田氏の居城で、頂上の本丸跡は標高118m、益田平野と日本海を一望することができます。 全長600m以上の大... 続きを読む

三宅江御土居跡

益田氏の居館跡と考えられています。 この館跡の最大の特徴は、東西に残る高さ5mの土塁です。南側の土塁は現存していませんが... 続きを読む

染羽天石勝神社

社伝によると神亀二年(七二五)に瀧蔵権現と称して創建。承平元年(九三一)には別当寺勝達寺を建立し、益田氏の庇護を受けて発... 続きを読む

妙義寺

1264~1275年に臨済宗として創建(他説に1282年とも)、1394年益田氏13代秀兼が曹洞宗に改め菩提寺としました... 続きを読む