観光スポット

三宅御土居跡

三宅江御土居跡

益田氏の居館跡と考えられています。 この館跡の最大の特徴は、東西に残る高さ5mの土塁です。南側の土塁は現存していませんが、発掘調査により1m弱の土塁がみつかりました。2ha余りの広さがあり、同規模の領主の館と比較して2倍の大きさがあります。この居館は益田氏が、関ヶ原合戦後に須佐に移封されるまで使用されていました。平成16年に七尾城跡とともに益田氏城館跡として史跡となっています。

観光スポット案内

所在地

益田市三宅町8

営業時間

終日開放

アクセス情報

車:益田駅より10分
バス:蟠竜湖線など「 益田本町」下車(7分)ー徒歩3分ー

駐車場

有り

トイレ

無し

備考欄

・バリアフリー

アクセスマップ