観光スポット

匹見峡

裏匹見

前匹見、奥匹見、表匹見・裏匹見と4つのエリアに分けて異なる景観を楽しめる渓谷です。
4つ渓谷の入り口となる前匹見は、国道488号線沿い匹見川中流域から約1kmにわたる渓谷で、天狗岩などといった奇岩が見ることができます。
奥匹見は駐車場から1.1kmの渓谷で、最奥部にある落差53mの大竜頭の滝やシャクナゲの群生地でもあります。
車窓から景色を楽しめる表匹見は、神楽の演目にもなっている「小沙夜」の舞台でもある小沙夜淵や雨の日にだけ現れるお楽の滝、川底が見えるほど透き通った清流など、ゆるやかな渓谷が続く約4kmの景勝地となっています。
表匹見峡とは対照的に、切り立った断崖が連続するのが裏匹見。最奥部の鈴ヶ獄までの4㎞は途中に五段の滝や匹見峡最大の淵などが見れ、ハイキングコースとしてもおすすめです。

観光スポット案内

所在地

益田市匹見町匹見

連絡先

0856-56-0310 匹見町観光協会

アクセス情報

車:
浜田自動車道・浜田ICから約1時間
中国自動車道・戸河内ICから約55分 
中国自動車道・六日市ICから約55分       

トイレ

有り

アクセスマップ