観光スポット

医光寺(崇観寺)

医光寺

臨済宗東福寺派のお寺ですが、もとは天台宗崇観寺の塔頭でした。崇観寺は1363年に創建され、足利将軍の台翰(手紙)をもって住職を任命したほどの格式のある大伽藍でした。益田兼見は本尊の釈迦如来坐像作成の大檀那(スポンサー)となっています。
文明年間(1469〜1486)第七代住職雪舟はこの崇観寺の塔頭のひとつに庭園を残しました。その後、崇観寺は 衰退していき、17代益田宗兼によって医光寺が開基しました。
医光寺の雪舟庭園は国史蹟および名勝に指定されており、 池泉鑑賞半回遊式の庭園で、鶴池に亀島を配置した吉祥の庭となっています。
毎年3月半ばには枝垂れ桜が華やぎを添え、5月には一面のツツジ、夏は緑が涼しく、秋には大きな楓が赤く染まっています。国指定史跡及び名勝、国登録文化財、県指定有形文化財。

観光スポット案内

所在地

益田市染羽町4-29

営業時間

8:30〜17:30(冬季17:00まで)/年中無休

連絡先

0856-22-1668

アクセス情報

車:益田駅から10分
バス:市内線など「医光寺前」下車(8分)すぐ

駐車場

有り

トイレ

有り

備考欄

拝観料 : 一般 500円(400円)、高校生 300円(200円) 、小中学生 無料
※カッコ内は団体(20名以上)割引
・スロープあり

アクセスマップ