観光スポット

歴史・文化

柿本人麿

天武・持統・文武の三天皇の時代(7世紀後半から8世紀前半)に宮廷歌人として仕え、万葉集に多くの歌を残しています。後世「歌... 続きを読む

高津柿本神社

柿本人麻呂が祀られており、(国重要美術品)正一位柿本大明神の神位を持ち、 疫病防除、開運、学問、農業、安産、眼疾治癒、火... 続きを読む

戸田柿本神社

この地は柿本人麿の生誕地とされ、1710年津和野藩主亀井茲親が創建しました。本殿は権現造りで、妻破風の拝殿です。 奈良... 続きを読む

雪舟

1420-1502年、現在の岡山県総社市に生まれた室町時代の禅僧で画僧です。幼い時、寺での修行中に絵を描いて和尚さんに怒... 続きを読む

医光寺

臨済宗東福寺派のお寺ですが、もとは天台宗崇観寺の塔頭でした。崇観寺は1363年に創建され、足利将軍の台翰(手紙)をもって... 続きを読む

万葉公園

高津柿本神社と蟠竜湖の間に広がる万葉植物園を主体とした県立公園です。 万葉集に詠まれている約160種の植物のうち、植栽... 続きを読む

萬福寺

時宗益田道場として平安時代に建立され、当初は安福寺と号し益田川河口付近にありました。しかし大津波で流出していまい、後の1... 続きを読む

大喜庵

雪舟が晩年を過し東光寺が焼失した跡地に建てられたお寺です。 当時は吉田平野をこえて日本海を望む様子が、中国の洞庭(どうて... 続きを読む

益田氏

平安後期11世紀頃に藤原国兼が石見国司として現在の浜田市に赴任したことに始まります。四代兼高が益田に本拠を移し、益田氏に... 続きを読む

七尾城跡

七尾城は、益田氏の居城で、頂上の本丸跡は標高118m、益田平野と日本海を一望することができます。 全長600m以上の大... 続きを読む

三宅江御土居跡

益田氏の居館跡と考えられています。 この館跡の最大の特徴は、東西に残る高さ5mの土塁です。南側の土塁は現存していませんが... 続きを読む

グラントワ

「島根県立石見美術館」と「島根県立いわみ芸術劇場」の複合施設です。石見地方の芸術文化拠点として様々な美術展や、演劇、音楽... 続きを読む

鵜の鼻古墳群

6世紀後半〜7世紀にかけて築造された古墳群で、益田市の東北、日本海に突き出した半島上に横穴式石室を持った小さな古墳が多数... 続きを読む

小丸山古墳

石見地方でもトップクラスの規模を誇る6世紀初め頃の前方後円墳で、益田平野を一望できる山頂に位置します。墳丘の全長は約52... 続きを読む

1 / 212